御三家を含む、中学受験上位校の合格に必要な
国語の記述力が身につく。

※ Apple Pencilの利用を推奨した、
iPad専用アプリ

かける
かける

中学受験合格に
必要不可欠な「記述力」

中学受験合格に
必要不可欠な「記述力」

2020年度版

国語の入試問題で出題された記述問題の割合

2020年度版

国語の入試問題で出題された記述問題の割合

トップ校の国語の入試問題 解答例 / 桜蔭中学校
国語の入試問題で出題された総問題数より記述問題数の割合を算出(89校分)/ 小泉国語塾調べ

国語の入試問題で出題された総問題数より記述問題数の割合を算出(89校分)/ 小泉国語塾調べ

中学受験の国語において、記述問題が出題される割合は、学校によって様々です。
しかし、偏差値61以上の上位校では、記述問題が全体の3割弱を占めます。
(上記、表および円グラフを参照)

割合だけで見ると少なく感じてしまいますが、記述問題は、選択肢問題や知識問題に比べて配点が高いため、
記述問題で点数を獲得しなければ、上位校に合格することは不可能です。

さらに、開成や麻布、桜蔭、雙葉など御三家と呼ばれる学校では、漢字などの知識問題以外は記述問題だったりと、その割合は8割前後に上ります。(下記、解答例を参照)

2020年度版

トップ校の国語の入試問題 解答例

トップ校の国語の入試問題 解答例 / 桜蔭中学校
トップ校の国語の入試問題 解答例 / 開成中学校,桜蔭中学校

「記述力」は、上位校の合格を目指すお子さまにとって必要不可欠です。
しかし、国語が苦手。特に記述問題ができないという悩みを抱える保護者の方は少なくありません。

なぜなら、学校や塾で、問題の解き方を教わることはあっても、「記述の手順」を教えてもらうことがなく、
「記述力」をアップさせる方法を知らない
からです。

短期集中!
3ヶ月で記述力を身につける

短期集中!
3ヶ月で記述力を身につける

学校や塾で忙しいお子さまでも、スキマ時間で記述力をアップさせることができるよう、
1講義分の学習が1時間で終わるようなカリキュラムを作成いたしました。
週に2講義ずつ学習していただければ、3ヶ月で記述力をアップさせることも可能です。

講義動画は1本、5分程度とポイントだけ押さえた、わかりやすい内容。

問題は過去問を改変して短くし、1問15分程度で解けるように調整。

しっかり指導コースであれば添削指導付き。弱点の指摘や記述のアドバイスもしてもらえるので、大幅な記述力アップが期待できます。

「理解できる」よう徹底された
予習+復習カリキュラム

「理解できる」よう徹底された
予習+復習カリキュラム

記述トレーニング
記述のコツを30講義にわけて解説 記述のコツを30講義にわけて解説

【基本】記述の基本を押さえる / 記述の基本と手順① / 4つの部品を集めよう

講義のカリキュラムを見る

記述のコツを30講義にわけて解説

記述のコツを分けて解説することで、学習へのハードルを下げ、確実にステップアップできるようにしています。
また、学校や塾で1回しか受けられない授業も、講義動画であれば、身につくまでくり返し確認できるのもポイントです。

講義のカリキュラムを見る
総問題数60の過去問から学ぶ! 総問題数60の過去問から学ぶ!

総問題数60の過去問から学ぶ!

実際に中学受験で出題された問題から、記述練習に最適な問題を選んでいます。
国語に対して苦手意識があるお子さまでも学習しやすいよう、問題文には3つの工夫がされています。

1. 問題文が短く、取り組みやすい
2. 文字の大きさを変えて、読みやすく
3. ヒントをもらえるから、最後まで解ける

総問題数60の過去問から学ぶ! 総問題数60の過去問から学ぶ!

自分の言葉で考えて書く
だから、身につく

本番の試験同様、答案画面に自分の字で解答を書くことができます。
また、4つの部品を「集める」→「まとめる」というプロセスを徹底することによって、「何を書いたらわからない」という苦手意識を克服させます。

総問題数60の過去問から学ぶ! 総問題数60の過去問から学ぶ!

添削指導を依頼して
記述力の大幅アップを目指す

他の教科同様、国語も復習が大切です。
しっかり指導コースであれば、添削指導を依頼することが可能。採点や間違えた部分の直しだけでなく、弱点の指摘や書き方のアドバイスもしてもらえるので、記述力がきちんと身につきます。

読解に必要不可欠な語彙力と
テーマ力を身につける

読解に必要不可欠な語彙力と
テーマ力を身につける

語彙トレーニング
1600語を頻出順に、効率的に学ぶ 1600語を頻出順に、効率的に学ぶ

1600語を頻出順に、効率的に学ぶ

過去問として出題された問題文から頻出順に1600語を選出。4つのカテゴリーに分類し、100語ずつ効率的に学べるようになっています。
また、語彙の習熟度に合わせて背景が変化し、子どものやる気につなげる工夫もしています。

多様な問題形式で語彙力を強化 多様な問題形式で語彙力を強化

多様な問題形式で語彙力を強化

選択問題や記入問題など、出題形式に多様性を持たせることで、多角的に語彙力の強化を図ります。
また、単純になりがちな語彙の学習に、ゲーミフィケーションを採用。楽しみながら学習できるので、自然と語彙力が身につきます。

例文からテーマ力をつける 例文からテーマ力をつける

例文からテーマ力をつける

中学入試で出題される問題文の頻出テーマに則した例文を作成。語彙と例文をセットで理解することで、問題文の読解力がアップします。
また、トレーニングで間違えてしまった語彙は一覧で確認することができるので、苦手な語彙チェックも漏れなく行えます。

KAKERU PLUS 選べる3つのコース

KAKERU PLUS 選べる3つのコース

無料コース
月額料金
0円
講義(総講義数:30講義)
1講義
問題数(総問題数:60問)
1問
添削指導
-
語彙トレーニング
1回/1日
ひとりで学習コース
月額料金
1,800円
講義(総講義数:30講義)
制限なし
1問/1日
制限なし
添削指導
-
語彙トレーニング
制限なし
しっかり指導コース
月額料金
10,000円
講義(総講義数:30講義)
制限なし
問題数(総問題数:60問)
制限なし
添削指導
2講義分/1週間
語彙トレーニング
制限なし
無料コース
月額料金
0円
講義(総講義数:30講義)
1講義
問題数(総問題数:60問)
1問
添削指導
-
語彙トレーニング
1回/1日
ひとりで学習コース
月額料金
1,800円
講義(総講義数:30講義)
制限なし
問題数(総問題数:60問)
制限なし
添削指導
-
語彙トレーニング
制限なし
しっかり指導コース
月額料金
10,000円
講義(総講義数:30講義)
制限なし
問題数(総問題数:60問)
制限なし
添削指導
2講義分/1週間
語彙トレーニング
制限なし

実際にKAKERU PLUSを
使っていただいた感想

実際にKAKERU PLUSを
使っていただいた感想

KAKERU PLUSの「記述トレーニング」と「語彙トレーニング」に半年間〜1年挑戦してくれた、小学校4〜6年生と保護者の方から多くの感想をいただきました。ぜひ、今後のお子さまの学習の参考にご覧ください。

小学校4年生〜6年生の体験者の声

小学校4年生〜6年生の体験者 小学校4年生〜6年生の体験者
10点満点中2、3点しか取れなかった部分点が、半分以上取れるようになりました!
小学校4年生〜6年生の体験者 小学校4年生〜6年生の体験者
50前半だった偏差値が、はじめて60を超えました!
小学校4年生〜6年生の体験者 小学校4年生〜6年生の体験者
1問、1問の文章量が少ないので、ちょっとした空き時間でも学習できるのが嬉しいです。
小学校4年生〜6年生の体験者
ベストスコアを目指して、1日に何度も語彙トレーニングに挑戦しています。

保護者の声

保護者 保護者
記述に対する苦手意識がかなり克服され、自信につながりました。
保護者 保護者
理論的に問題を解けるようになり、的外れな解答をしなくなりました。
保護者 保護者
子どもが解いて、親が丸付けをして、間違った問題はふたりで復習する、という勉強方法を習慣化できました。
保護者
マルつけまで自主的にやっていて、ひとりでも楽しそうに学習しています。

監修者は中学受験の国語専門の先生

監修者は中学受験の国語専門の先生

KAKERU PLUSを監修している小泉先生は、開成、麻布、渋谷教育学園幕張、女子学院、筑波大附属、豊島岡女子学園など、中学受験の名だたる難関校に子どもたちを合格させてきた、中学受験の国語の専門塾「小泉国語塾」を運営しています。

5W1Hの考えに基づき、「4つの部品」という解き方を記述問題で使用しています。実際、小泉国語塾の記述のコツを学んでから、偏差値が10以上伸びたお子さまもたくさんいらっしゃいます。

2020年度 国語の偏差値推移(SAPIX模試)

K君 (男子)|4〜6月 51.7 → 60.9 (+9.2UP!)|開成/渋幕/海城 合格 K君 (男子)|4〜6月 51.7 → 60.9 (+9.2UP!)|開成/渋幕/海城 合格
M君 (男子)|4〜6月 54.0 → 56.5 (+2.5UP!)|麻布 合格 M君 (男子)|4〜6月 54.0 → 56.5 (+2.5UP!)|麻布 合格
Nさん (女子)|3〜4月 51.6 → 56.4 (+4.8UP!)|渋幕 合格 Nさん (女子)|3〜4月 51.6 → 56.4 (+4.8UP!)|渋幕 合格

小泉国語塾の合格実績

筑波大学附属駒場・灘・開成・桜蔭・渋谷教育学園幕張・女子学院・渋谷教育学園渋谷・豊島岡女子学園・聖光学院・東大寺学園・麻布・西大和学園・雙葉・栄光学園・筑波大附属・栄東(東大選抜)・早稲田・早稲田実業・フェリス女学院・浦和明の星女子・海城・洗足学園・浅野・市川・吉祥女子・駒場東邦・武蔵・ラ・サール・サレジオ学院・明治大学付属明治・東邦大学付属東邦・芝・鷗友学園女子・本郷・立教新座 他

森上教育研究所の研究員でもあり、
ダイヤモンド社から
著書も出版しています。

「中学受験 必ず出てくる国語のテーマ」ダイヤモンド社|「中学受験 ヤル気にさせる母のひと言」ダイヤモンド社|「これだけ!国語〈まとめ〉」森上教育研究所スキル研究会

「中学受験 必ず出てくる国語のテーマ」ダイヤモンド社
「中学受験 ヤル気にさせる母のひと言」ダイヤモンド社
「これだけ!国語〈まとめ〉」森上教育研究所スキル研究会

森上教育研究所の研究員でもあり、
ダイヤモンド社から著書も出版しています。

「中学受験 必ず出てくる国語のテーマ」ダイヤモンド社
「中学受験 ヤル気にさせる母のひと言」ダイヤモンド社
「これだけ!国語〈まとめ〉」森上教育研究所スキル研究会

「中学受験 必ず出てくる国語のテーマ」ダイヤモンド社|「中学受験 ヤル気にさせる母のひと言」ダイヤモンド社|「これだけ!国語〈まとめ〉」森上教育研究所スキル研究会

中学受験の国語の悩みを
KAKERU PLUSで解決

中学受験の国語の悩みを
KAKERU PLUSで解決

とにかく国語が苦手。文字を読むのも苦痛そうで、問題文を読んでいる途中で投げ出してしまいます。
入試で出題される問題文は、大人が読んでも難しい文章です。特に、論説文は新書から引用されることもあります。そういった難しい文章は、読み慣れるということが大切です。KAKERU PLUSで扱っている問題文は、過去問を使用しているので難易度は本番同様ですが、引用箇所を短くしているので、最後まで読み進めていただくことが可能です。
文字を書くことが嫌いで、作文の宿題はいつも後回しです。国語も選択肢や漢字などの知識問題は解けるのですが、記述だけマルがもらえません。
算数の公式と同じで、国語にも記述のコツがあります。そのコツを押さえつつ、問題文の中から言葉を選んだり、問題文から連想される言葉が書けるようになれば、答案が白紙になってしまうということはありません。KAKERU PLUSでは、記述のコツを30講義に分けて教えますので、1つずつしっかり押さえて、点数アップにつなげていきましょう。
算数や理科、社会など他の教科は問題ないのに、国語の偏差値だけ10以上の差があります。どうしたらよいでしょうか。
「語彙力がなく、問題文が読み込めていない」「記述の書き方を知らないので、何を書けばいいのかわからない」など、いろいろな原因が考えられます。KAKERU PLUSでは、「記述トレーニング」と「語彙トレーニング」の2つのトレーニングを用意し、記述問題を解く上で必要な力が身につけられるようになっています。
授業を受けたときはきちんと理解して解けていたはずなのに、しばらくして同じ問題を解かせたら解けなくなっていました…
どの教科にも言えることですが、国語の記述学習にも繰り返しが必要です。授業で教えてもらったからといって、1度で完璧に覚えられるわけではありません。KAKERU PLUSでは、わかるまで何度でも講義を聞くことができるので、きちんと身につくまでお子さまをサポートいたします。また、しっかり指導コースの添削指導では、弱点の指摘や書き方のアドバイスも行います。

よくある質問

よくある質問

iPadを持っていません。iPhoneやMacBookで学習することは可能ですか?

本アプリはiPad専用アプリとなっておりますので、iPad以外ではご利用になれません。

中学受験の予定はありませんが、
国語の勉強として子どもに使わせてもいいのでしょうか?

ぜひ、ご利用ください。記述力や語彙力を伸ばすことは、中学受験だけでなく、他の教科の学力アップやディベート力にもつながります。

月額課金の期間は、月初から月末までになりますか?

契約していただいた日付から1ヶ月契約になります。
(例:4月18日から5月17日までの1ヶ月)

契約していただいた日付から1ヶ月契約になります。
(例:4月18日から5月17日までの1ヶ月)

他の質問も見る

KAKERU PLUSの願い

KAKERU PLUSの願い

「書くこと」は学びの第一歩!

中学受験の上位校で合格を勝ち取るためには、
「書ける」ことが必要不可欠といっても過言ではありません。

しかし、「書ける」ために特別な能力はいりません。
記述のコツを身につければ、「書ける」ようになります。

どの言葉を使うか考え、選び、そして形にしていく記述。
それは、今の子どもたちに求められている3つの力、
「思考力」「判断力」「表現力」を伸ばす練習でもあります。

そして、その3つの力は社会でも使える力へと育っていきます。KAKERU PLUSが合格と成長の手助けになれば幸いです。

小泉国語塾 小泉浩明
(森上教育研究所研究員)

×から△、
そして○がもらえる答案へ。

かける
かける